Theoの運がいい人生

Theo32歳、人生で二度逃げた話、海外赴任・起業、事業立ち上げの話

ブログ初心者です。フィリピンの話とか興味あります?36

セブ島での起業編

 

フィリピンのマニラ首都圏で勤務しながら(現在は一時帰国中)、セブ島で自身の会社を作り事業を行っています。(すごーく、すごーく小さい規模ですが)

 

事業はというと、コロナ禍の影響をフルに受け毎月大赤字。笑

それでも、こんな世の中でも少しづつ売上が伸びているのですから、まったく希望なしというわけでもない。

 

身銭を切った経営経験を積む、これが企業のきっかけ。

雇われ社長というリスクなし(金銭的に)では見られない景色を。

 

私がセブ島に初めて駐在員として赴任したのはもう5年半も前の話。

当時は海外勤務も初めて、新規事業立ち上げも初めて、留学経験なんてないし英語がうまく話せるわけでもありませんでした。

 

こんな私にセブ島での新規事業を一任した当時の社長に感謝。

 

フィリピンに渡航してしまえば、あとはもうやるだけ。

南国リゾート、のんびりとした東南アジアの雰囲気やイメージ。

 

駄菓子菓子、

 

そんな環境だから日本スタイルの営業を貫く決意。

やるといったらやる、終わるまでやる、先延ばしにしない。

 

「よくそんなに働くね。」

 

そんな誉め言葉(皮肉)をいただきながら、0→1を達成した時の感動。

毎日社長に数字を詰められ動揺。

朝から朝まで働くスタイルで体も高揚。

 

 

当時は必死すぎて、

申し訳ないことに部下からは怖がられ、

年上の上司や先輩には噛みつき、

社長とも口論する日々。

 

17連勤?最高23連勤?

(別にブラックな労働環境に文句があるわけでないのであしからず)

 

しかし、いつも思う。

 

自分より働いている人は星の数ほどいて、すごい人はもっといて、

自分は知らないこと、やったことないことばかりで、

 

自分より目立っている人、年収が高い人、高学歴な人、大企業に勤める人、成功している経営者など、

 

嫉妬しかない。笑

 

f:id:Theo-san:20201219130949j:plain

こんなとこはセブ島の一部だよ。笑

この嫉妬を自分の推進力に変えられるか。

はたまた妬むだけで行動に移さないのか。

 

2021年のテーマはこれです。

 

頑張ります。

 

Theo